母の日

母の日にニンジンのカーネーションというニュースが流れてきた。白浜の動物園にいるパンダへのプレゼントのようだ。

ニンジンが見事な技で切り抜かれてカーネーションの花びらとなり、組み合わせて一輪の花になっていて、パンダはそれをおいしそうに頬張っている。

それは微笑ましい景色なのだが、カーネーション風のニンジンがとても上手に作られているから、なんだかもったいないような気持ちになる。パンダは母の日の感謝の気持ちをちゃんと受け取って食べているんだろうか。ぼんやりとした顔でむしゃむしゃと花を食べていて真意はよく分からない。

でもニンジンの花を作った方はパンダのお母さんに食べてもらう為に、持てる技術を注いだんだろう。伝わっているんだか分からなくとも、その子のために愛情を注いでいく。

それは人間の母親が我が子を育てるときのようで、ぼんやりした顔でニンジンを食べているパンダは幼少期の自分なのかもしれない。

そう思うと、大人になったパンダはきちんと感謝を伝えないといけないよなと思う。いつもありがとう、今年は本を送りました。