ひたすらインターネットでどうでもいい記事を読み続けることでしか得られない栄養素がある

精神的な疲れ。自分でMPと呼んでいるそれは、体力の指標であるHPと違って寝るだけだとなかなか回復しない。

MPが高い状態は心の安定であり、日々の充実感にもつながる。 今風にいうとQOL、クオリティ・オブ・ライフの向上そのものといえるはず。

それがねー、最近はなかなか回復しなくてさー。

MPがないと外に出る気もないので家にいることになる。仕事はフルリモートなので1週間ずっと家から出ない週すらあった。 いや、ゴミ出しのために週に2回、1分だけ外に出た。なので正しくは99.98%家の中にいた週すらあった。

このままだと干物になってしまうので、天気がいい日は積極的に同僚とランチをして、喫茶店で仕事をする日を作る。 ただ、仕事は仕事なのでなかなかMPが回復している実感がなかった。

で、最近の休み。朝から晩までひたすらインターネットの記事を読み漁るということをやった。

そしたらなんか、ウワーッっとMPが回復していく実感を得られる… インターネットでどうでもいい記事(褒め言葉)を読み続けることでしか得られない栄養素が確かに存在している…!!

最近はコンテンツがどんどんリッチになっていて、YouTubeはじめ動画全盛の時代。 動画は撮って出しなら製作労力は少ないし、まぁなんだ、キーボードで長文打つのって普通に疲れる行為だもんね。 みんなブログやってたしmixiで長文書いてたけど、なんだ短文のほうが楽じゃん! って気づいてしまってからは、一瞬でTwitterに移住したし。

ただやっぱり記事でしか得られない栄養素があるのは、そこに込められた熱の総量が違うからかもしれない。 仕事でもなんでもなく、ただ思うがままに書かれた記事はやっぱ面白い。

もちろん、140文字っていう制約の中でバズるために、絞りに絞り込まれたツイートも好きだけど。

そう思って久々にブログを書いてみたけど、やっぱり長文書くのって難しいですね。 でも書きながら思考が整理できるみたいなメリットもあるし、今年はもうちょっとブログ書いていきたいなー。

こういうどうでもいい記事をたくさん読んでいたらMP回復できたし、そのMPで久々に記事書けたんで、おすそ分けになると良いですね。