読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モロ屋

アキバではたらくWebエンジニア。JavaScript / AWS / Mac

Adobe MAX 2013からHTML5アニメーション関連の雑感

月曜が休みっていうだけで、なんだか週の流れが早い気がしますね。もろやです。

Adobe MAX 2013とFlash

海の向こうでAdobe MAX 2013やってるようで、Adobe関連のネタが結構入ってきてて面白い感じです。

それにしてもAdobeは本当に先を見た開発をしてますね。

Flash Playerが使われるのはゲーム分野とプレミアムビデオ(DRMビデオ)の配信くらいだ! って言い切ってから、Flash Playerの機能追加よりもFlash Pro、つまり制作ツール側の改修に専念しているように見えます。

かつてないスピードで表現力豊かなインタラクティブコンテンツを制作し、あらゆるプラットフォームに配信できるほか、HTMLや高画質なHDビデオにも書き出せます。

アニメーション マルチメディア | Adobe Flash Professional CC

とあるようにFlash制作ツールではなく、あらゆるインタラクティブコンテンツ、主にアニメーション系の制作ツールとしてこれからも第一線で活躍しそうな感じです。

ソーシャルゲームとかハイブリッドアプリとか、どんどんアプリのWeb化が進んでCanvasが重要視されてますが、CanvasアニメーションをGUIで作れるアプリって無いんですよね。

このままだと、Flash for CreateJS一択になるんじゃないでしょうか。

デザイナーがアニメーションを作成して、エンジニアがアプリに組み込む。っていうフローを確立するにはGUIツールは必須になるわけですし。

むしろ、自分もFlashしっかりやらなきゃなあと思わせられました。

ただ、CSS Transitionでアニメーションを実現する方法もあって、これまた今のところ一番使えるGUI制作ツールがAdobe Edge Animateなので、Adobeさんは凄いなぁという感じです。

Starling.jsキタコレ

FlashのStage 3Dを利用して、GPUで描画する2Dアニメーションライブラリの「Starling」がついにJavaScriptにも来るぜ! という発表。

Introducing Starling.js | TypedArray.org

いいですね、わくわくします。

まだ先のことですが、WebGLがまともに使えるようになった時にはWebGLで描画するようにすることを検討しているとのこと。ようやくJavaScriptがFlashのStage 3Dに追いつきますね!(アニメーション系はいつも後追い)

Flash界だと

  • 3D → Away3D
  • 2D → Starling

JavaScript界だと

  • 3D → Three.js
  • 2D → ???

だったのが、Starling.jsになるかもしれないですね。

最近、ほぼデイリーでコミットしまくっているpixi.jsがかなりキテル… って思ってたけど、Starling.jsが来るとFlashの実績から採用例増えるかも?

はよWebGLの時代こい

いまはCanvas描画のGPUアクセラレータに頼るしかないですが、数年もすればWebGLのパワーでCanvasの数十倍のパフォーマンスが出せるようになるかな〜 と思うと、はよWebGL、はよIEなんとかしろ。と思いますね〜