読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モロ屋

アキバではたらくWebエンジニア。JavaScript / AWS / Mac

わーい、AmebaなうのiPhoneクライアントできたよー\(^o^)/


諸事情により公開を停止しました。

ご利用ありがとうございましたっ




Safariを開いて「bit.ly/amenow」または「http://kanmisikou.net/lab/amenow/」へGO


f:id:Molokheiya:20100119232055p:image f:id:Molokheiya:20100119232056p:image



下部ナビゲーションバーの「+」をタップして「ホーム画面へ追加」をタップ


f:id:Molokheiya:20100119232057p:image f:id:Molokheiya:20100119232058p:image


ホーム画面にアプリが登録され、フルスクリーンで使用可能に。


f:id:Molokheiya:20100119232054p:image f:id:Molokheiya:20100119232103p:image



とりあえず起動してAmebaなうのIDとパスワードを入力すると、タイムラインが表示される。


f:id:Molokheiya:20100119232059p:image f:id:Molokheiya:20100119232102p:image


右上のPOSTボタンからつぶやき可能。絵文字パレットも使えるよ!


f:id:Molokheiya:20100119232100p:image



ユーザーアイコンをタップすると、そのユーザーのつぶやきが表示されます。

また返信をタップで、そのつぶやきに返信できます。


ちなみに私のAmebaなうは http://now.ameba.jp/molotan/ です^^




iPhoneに搭載されてるSafariは結構性能がよくて、HTML5も一部サポートしてたりします。

jQueryのパワーをフルに活用して開発出来るということは、柔軟かつ簡単にiPhone Web Applicationを作れるということです。


スプラッシュスクリーンやホームアイコン、さらにはステータスバーの色まで指定出来てしまうので、ほとんど見た目ではApp Storeで販売されているアプリと変わらないでしょう。


ちなみに絵文字パレットの絵文字ですが、3G回線で多数の画像を読み込むのはストレスになります。

そこでHTML5のJavaScript API Web Storageを利用して、オフラインに画像を保存しています。


Web StorageはKey-Value型の単純なストレージで、データを恒久的に保存することが可能です。

バイナリは保存できないので、画像をbase64エンコードし、data URI schemeで表示させています。

(初回起動時に全てのアイコンをdata URIにしたものを記述してあるJSをロードする)


また驚くべきことに、Amebaなうに表示されているアイコンは40x40pxですが、imgタグの指定がそうなっているだけで実際に表示されている画像はアップロードした画像そのままです。つまりサムネイルになっていません。

akamai使うくらいならまず基本的なところをやった方が良いと思います。

そのアイコンも圧縮したものを表示していますので、快適に表示できます。


なおパスワードはAES暗号化され、自動管理されています。

管理には細心の注意を払っていますが、このアプリケーションを利用して発生した損害に関し、いかなる保証責任も負いません。

データベースに暗号化して保存されているパスワードは、ログアウト時に完全に削除されます。


では快適なAmebaなうライフを^^